狭い土地でも有効活用できる|狭小住宅で快適空間作り

狭小地における住宅建築

内観

狭い土地に建てる住宅

都心部では土地の価格が高いため、住宅用地の面積も小さいものが一般的です。小さい土地の中に効率的な住宅を建築するために考えられたのが、狭小住宅です。狭小地に立地させるため、上下の空間を有効に活用するとともに、上下の移動をスムーズに行えるようにすることで、快適に生活できる住宅を実現させています。狭小住宅を建築するためには、住宅メーカーの建築士と十分に話し合うことが大切です。狭い土地であるだけに、効率的に土地を活用するためには、様々な工夫をしなければなりません。その工夫によって、住宅の使い勝手が決まってきますので、どのような形で住宅を使いたいのかを明確に建築士に伝えることで、住み心地のいい住宅にすることができます。

注意するポイント

狭小住宅で重要なことは、建物の中をいかに快適な間取りにするかです。ワンフロアの面積は小さくなりますので、フロアごとの移動がスムーズにできなければなりません。また、フロア内を隅々まで活用することで、無駄のない住宅にすることができます。狭小住宅の悩みは収納が不足するところですので、空いているスペースを効率的に収納に用いることが大切になります。階段の上下や壁などを効率的に活用することで、狭い空間を活かすことができるのです。気を付けなければならないのは、耐震性です。狭小住宅の場合、建物自体は小さくなりますが、床面積の割に高さが高くなるため、地震があった場合でも大丈夫なように、耐震面に気を付けた構造にすることが重要です。

価値ある不動産

女の人

茅ヶ崎エリアの不動産事情として、様々な売り方が展開されています。土地付き物件や期限付きの物件なども話題で、新築一戸建ての価格を例にした場合、土地の価格が占める割合が高くなっています。形や建ぺい率なども着目したい内容ですし、もとの用途を確認することも大事です。

もっと見る

安全な家に住みたい

間取り

愛知県在住の人が注文住宅を建てる場合、南海トラフ大地震への備えを考えないわけにはいきません。地震がいつ起きるかは全くわかりませんが、万が一のことが起こっても大切な家族の命を守ることができる頑丈な家にしておく必要があります。

もっと見る

理想の物件と確認法

住宅

川西では多くの新築一戸建てが販売されています。これら物件の中から理想とする新築一戸建てを購入する為には住宅会社の情報を確認し、実際の施工現場を見学してみる事が大切です。この事前のリサーチが希望条件に見合う物件を購入する為の手掛かりとなります。

もっと見る